プロフィール

藤原りら

Author:藤原りら
生年月日:1981年1月20日
血液型:A型
出身地:東京都豊島区
趣味:スポーツ観戦、飲酒、PC操作、
 食べ歩き、読書
特技:アニメキャラ声帯模写
 (特に金田朋子、犬山犬子、一龍斎貞友)
資格:漢検3級、ホームヘルパー2級
好きなもの:
 酒、(特にカクテル、チューハイ)
 モツ類
 (特に砂肝等の胃袋類、コブクロ、腸)
 豚足、軟骨、甘いもの(特にプリン等の
洋生菓子類)
嫌いなもの:らっきょう、ホヤの塩辛
 ザラメ煎餅
好きな異性のタイプ:
 誠実で、筋肉質・褐色の肌で髭が似合う
 運動が得意なワイルド系
嫌いな異性のタイプ:
 誠実じゃない人、優し過ぎて優柔不断な人
PNの由来:
 薄紫色が好きだったので、薄紫色同士の
 花である「藤」と「リラ(ライラック)」を
 掛けて。
本職:家事手伝い

  ようこそ、藤原りらの徒然なるブログへ!
毎日の更新は難しいかもしれませんが、
なるべく日々更新する様努力したいと
思います。 
 内容は時事ネタ、その日の出来事、
口にした料理、スポーツ関連、
懐かしの出来事を中心に書きたいと
思います。
 こんなつまらないブログでは
ございますが、
末永くお付き合いいただければ幸いです。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
65781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
373位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは。藤原りらです。今日で9月も最後となってしまいました。
で、今日は「ほっこり」と言う言葉について考えてみました。

 現在「ほっこり」と言う言葉の意味で一番流布されているのは、

 ほっとする。癒される。 落ち着く。

 です。

 しかし、本来の意味は、京都言葉にて「疲れた」と言う意味で用いられており、
肉体的より精神的疲労、尚且つ意味のある充実した疲労感の場合に使われる
のが「ほっこり」なのです。(出典 はてなキーワード「ほっこり」より)

 「こだわり」も「ほっこり」しかり、後々に逆の意味合いで流布されてしまった
言葉に他なりません。では、何故この様な事になったのでしょうか?その謎を
解く一つのサイトに巡り合いました。

(以下、味探検食単随筆 物売りの呼び声論 
その2「ほっこりほいのほい」ってなーに?
“ほこほこ”“ほっこり”“ほかほか”の言葉の意味について考えてみよう
 より)

 「インターネット検索で『ほっこり』を検索すると、4000件以上もがヒットする。
どれも、今風の言葉を使えば『癒し』系の言葉として、温かさと言うより、
ほんのりとした、心の安らかさを意味する言葉として使われている。関西以西で、
『ほっこり』といえば、

 ほっこりいやになった

 ほっこりおつかれさん

 と言う様に、ほっと、ふうと疲れた様な時に使うと言う。ホッコリするといえば、
『ああ疲れたなあ』となる。

 こうした意味は、『はんなり』と言う言葉と共に、京都新聞の調査

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/ojikoji/kotoba/henbo.html

 に見る様に、だんだんに薄れてきつつあり、全国標準の東京言葉としての
『癒し系』言葉に変わりつつある様な気がする。」

 確かに、「ほっこり」と言う言葉には何となく「ほっ。」とする響き及び安心感が
想像し易いからこの様な結果に至ったのではないかと思います。私は俳優の
K.Yさんと一緒なら「ほっこり」となれる気がするのです。彼から滲み出る暖かく
優しい雰囲気……にて。

 以上、藤原りらの「ほっこり」と言う言葉についてちょっと真面目に考えてみた
&俳優のK.Yさんと一緒ほっこりしたいと最後呟いたブログでした。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

タグ : ほっこり 京言葉 言語学 癒し 誤用 上地雄輔 一緒にほっこりしたい

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。