プロフィール

藤原りら

Author:藤原りら
生年月日:1981年1月20日
血液型:A型
出身地:東京都豊島区
趣味:スポーツ観戦、飲酒、PC操作、
 食べ歩き、読書
特技:アニメキャラ声帯模写
 (特に金田朋子、犬山犬子、一龍斎貞友)
資格:漢検3級、ホームヘルパー2級
好きなもの:
 酒、(特にカクテル、チューハイ)
 モツ類
 (特に砂肝等の胃袋類、コブクロ、腸)
 豚足、軟骨、甘いもの(特にプリン等の
洋生菓子類)
嫌いなもの:らっきょう、ホヤの塩辛
 ザラメ煎餅
好きな異性のタイプ:
 誠実で、筋肉質・褐色の肌で髭が似合う
 運動が得意なワイルド系
嫌いな異性のタイプ:
 誠実じゃない人、優し過ぎて優柔不断な人
PNの由来:
 薄紫色が好きだったので、薄紫色同士の
 花である「藤」と「リラ(ライラック)」を
 掛けて。
本職:家事手伝い

  ようこそ、藤原りらの徒然なるブログへ!
毎日の更新は難しいかもしれませんが、
なるべく日々更新する様努力したいと
思います。 
 内容は時事ネタ、その日の出来事、
口にした料理、スポーツ関連、
懐かしの出来事を中心に書きたいと
思います。
 こんなつまらないブログでは
ございますが、
末永くお付き合いいただければ幸いです。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47079位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
288位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どうもこんばんは。藤原りらです。感動の興奮冷めやらないまま、今日は銀座
博品館劇場にて朗読劇『苦情の手紙』を観に行って来ました。

 何故、タイトルに「スーパー戦隊だらけ」と表記するのは後述を参考の事。

 出演 (2008年7月12日 18:00~の部。日替わりキャストの為。)

 田所正 ゲキブルー 高木万平
 103号室の女性 デカイエロー 木下あゆ美
 山口(田所の元同僚) オーブルー 合田雅吏

 だからです。後、もう一つ付け加えさせていただくなら、この3名は同じ事務所
所属です。(スターダストプロモーション。キャリアとしては合田>木下>高木と
言った所です。)

 ストーリーとしては、練馬区内のオンボロアパートの203号室に、「小さな会社
に勤めているしがないサラリーマン」(本人談)である田所(高木万平)が引っ越して
来た所から始まります。で、そのすぐ下に住んでいる、些細な物音でもすぐ上の
部屋に住んでいる田所にクレームをつけたがる103号室の女性(木下あゆ美)は、
連日連夜苦情の手紙を書く。
「大きな声で歌うな」「足音が響くから部屋でスキップするな」「夜8時以降に
洗濯機及び風呂を使うな」……etc。

 で、ある日、田所のPCメールにも連日連夜、迷惑メール(出会い系サイト、新興
宗教の勧誘、架空請求、チェーンメール……etc。)が届く。田所は必至になり
「配信拒否」とレスし、迷惑メールを駆逐しようとする。だが、この迷惑メール
の送り主はかっての会社の同僚である山口(合田雅吏)が、田所宛に送信した
メールを介して打ち明けた。

 この合田雅吏の一人(約)十役!?以上のキャラクターを声色だけで演じたの
には、正直言って驚きました。

(ここからは個人的見解に基づいた分析及びレビューです。数字ごとに大まかな
カテゴライズ及びどの様な声色で朗読していたかを私的にまとめた物です。)

 1. 出会い系サイトの紹介 (夜の店の呼び込み風)

 2. 出会い系サイトのサクラ 
  2-1 アヤ (20代のギャル風女性)
  2-2 夫が長期出張中で単身の身の人妻
  2-3 女子医大生(少しおどおどした口調)

 3. 占い師の女性(40~50代の女性)

 4. 小松原(手相の勉強をしていると言われる女性。20~30代。)

 5. 架空請求の取立て(893口調)

 6. チェーンメール(いわゆる不幸のメール)

 と言った所です。

 個人的に好きだったキャラ(って言うか台詞)は、2-3 女子医大生の「男性
の分泌液に含まれているセリンプロテアーゼ……。」ですかね。歪曲的に
男性を求めていると言うニュアンスを含めている内容が……。

 その後、山口は迷惑メールを送信する(!?)会社を辞めたのはいいが、次に
就職した会社がマルチ商法の会社だったりする……。で、山口はメールを
介し、田所にいかにも胡散臭さフルスロットルの食器用洗剤や飲料水、羽毛
布団を売りつける。

 山口はマルチ商法の会社を辞め、優良出会い系サイトで知り合った女性と
結婚する事になったと田所にメールした。そして置き土産代わりに、その女性
と知り合った優良出会い系サイトのURLを田所に教えた。

 そして、田所は山口に教えてもらった優良出会い系サイトにて「バーボン」
(後に諸事情により「発泡酒」と改名)と言うコテハンを使い、「ジャスミン」と言う
女性と知り合う。しかし、この「ジャスミン」も山口のジサクジエンであり、何も
知らない田所は美人局の罠に陥り、893にフルボッコにされてしまう。

 その後山口は出会い系サイトを運営する会社をも辞め、田所の勤めている
会社の上司の命令により、元の鞘に納まった。だが、田所は会社を辞め、
同時にアパートを去る事を決意した。
 しっかし、103号室の女性はせっかく去ろうと荷造りしている時にも、
「荷造りの時音を立てるな」
とクレームを。私だったら
「そんなの無理に決まってるだろ!!」
と反論せずにはいられませんが。

 ツンデレデカイエロー103号室の女性は、最後の最後まで田所に
クレームしっぱなしでた。去る時も「物音を立てずに去って」と酸っぱく言うし。

 まぁ、この朗読劇は、気弱で世間知らずで流れやすい男性と、物音に
神経過敏な粘着女性と、自分が無く刹那的に生きている男性が織り成す
手紙(メール)を介したちょっとばかし笑える(この場合の「笑い」は今日のペラい
「笑い」では無く、考えさせられる「笑い」と言う意味です)朗読劇だと思います。

(ここだけの話ですが、12日のチケットを間違えて13日のを買ってしまい、13日
のチケットを300円で値切られてしまい、4,200円損した私……OZU。)

 ここ最近の格之進役の合田雅吏に正直食傷していた私にとっては、声色だけ
で十役(!?)を演じ切った彼を生で見て、嬉しい限りです。後、予断ですが、アン
ケートの感想欄に、「来年はエド・はるみを出演させて欲しい」と一言書いて
おきました。(去年だって小島よしおが出演していたぐらいですから。)もし、来年
の公演にてエド・はるみの出演が決定した場合は、このブログにて公演の模様
を掲載したいと思います。

 以上、長くなり過ぎた『苦情の手紙』 2008年7月12日 18:00~の部 レポ
でした。
スポンサーサイト

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 苦情の手紙 博品館劇場 中野俊成 合田雅吏 木下あゆ美 高木万平 スーパー戦隊 クレーマー ツンデレデカイエロー 性格俳優合田雅吏

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。