プロフィール

藤原りら

Author:藤原りら
生年月日:1981年1月20日
血液型:A型
出身地:東京都豊島区
趣味:スポーツ観戦、飲酒、PC操作、
 食べ歩き、読書
特技:アニメキャラ声帯模写
 (特に金田朋子、犬山犬子、一龍斎貞友)
資格:漢検3級、ホームヘルパー2級
好きなもの:
 酒、(特にカクテル、チューハイ)
 モツ類
 (特に砂肝等の胃袋類、コブクロ、腸)
 豚足、軟骨、甘いもの(特にプリン等の
洋生菓子類)
嫌いなもの:らっきょう、ホヤの塩辛
 ザラメ煎餅
好きな異性のタイプ:
 誠実で、筋肉質・褐色の肌で髭が似合う
 運動が得意なワイルド系
嫌いな異性のタイプ:
 誠実じゃない人、優し過ぎて優柔不断な人
PNの由来:
 薄紫色が好きだったので、薄紫色同士の
 花である「藤」と「リラ(ライラック)」を
 掛けて。
本職:家事手伝い

  ようこそ、藤原りらの徒然なるブログへ!
毎日の更新は難しいかもしれませんが、
なるべく日々更新する様努力したいと
思います。 
 内容は時事ネタ、その日の出来事、
口にした料理、スポーツ関連、
懐かしの出来事を中心に書きたいと
思います。
 こんなつまらないブログでは
ございますが、
末永くお付き合いいただければ幸いです。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
250位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どうも夜分遅くなってすみません。藤原りらです。で、昨夜仕事帰りにHDDに
録画しておいた『ママはニューハーフ』第1話を見ました。で、気付いた事及び
新たに解った事を箇条書きにしてみました。

 * 準備稿の段階では大熊岩太郎は商社マンとニューハーフパブの二束の草鞋
  を履いている設定だったが、決定稿では5年前に商社を退職し、完全に夜の
  仕事にて生計を立てている設定に。

 * 大熊岩太郎は鹿児島の旧家の跡取り息子で長男。無論、両親(第1話現在
  では母親しか登場しなかったが、母親の話から父親も健在である事が判明)は
  保守的な思想の為、両親には自身がMtF-GIDであると言う事実をカミング
  アウト出来ないでいる。仕事仲間のフーミン(深沢敦)に「(MtF-GIDの事)言った
  ら(両親に)殺されちゃうかもね~」と言われていた事から、カミングアウトしよう
  ものなら勘当どころでは済まされない事を大熊自身も覚悟をしている。現在、
  親族にて唯一カミングアウトしているのは8歳年上の姉(既婚)のみ。無論、
  両親には他言無用である事を口止めしているのは言うまでもない。

 * (以下、個人的主観であるが)第1話現在の大熊の肉体的性別と精神的
  性別の乖離具合はTV(トタンスベスタイト《異性の身なりをするだけで解決する
  レベル。MtFであれば化粧及び女装で女性である事を実感し、解決する
  レベル。いわゆるノンホル・ノンオペ。》)からTG(トランスジェンダー《異性の
  肉体には近付けたいが、本来持っている肉体的性別の生殖器だけは残して
  おきたい、そこまでするまでの乖離具合ではない、そこまでする覚悟が出来て
  いない、またはためらわれると言う乖離レベル。MtFであれば、卵胞ホルモン剤
  及び黄体ホルモン剤の投与及び豊胸手術にて女性の肉体に近付けたいが、
  「竿と玉」だけはそのままにしておきたいと言うレベル》)ではないかと思われる。
  間違っても第1話現在ではTS(トランスセクシャル。《TGでも解決せず、完全に
  異性の肉体に近付きたい、そうしないとアイデンティティの崩壊に繋がると切に
  感じる乖離レベル。MtFであれば、卵胞ホルモン剤及び黄体ホルモン剤の投与
  及び豊胸手術プラス「竿と玉」の摘出を激しく望むレベル》)まで深刻には
  いっていない。(だが、今後の展開によっては乖離レベルが激しくなりTSまで
  進んでしまう事も考えられなくもないが)

 * 大熊の着用している洋服のジェンダーについてだが、仕事着及び室内着は
  レディースウェアだが、外出着はメンズウェア。周りの視線及び世間体保持の
  為に外ではメンズウェアを着用しているのか、フルタイムでの女性姿を望んで
  いない(夜の仕事のみで「女性」と振る舞って受容してくれるだけで満足である
  )かについては不明。

 * どっちにせよ、大熊が「男性」として見られる事、振舞う事に違和感を感じ、
  「女性」として見られ、振舞う事に自己肯定を感じているのは言うまでもない。

 何だか難しいジェンダー論みたいな内容になってしまって申し訳ございません。

 以上、藤原りらの『ママはニューハーフ』第1話のジェンダー論を交えた雑記
でした。
スポンサーサイト

テーマ : 2009年 テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : テレビ東京 Lドラ ママはニューハーフ LGBT トランスジェンダー 性同一性障害 GID MtF MtF-GID ジェンダー論

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。