プロフィール

藤原りら

Author:藤原りら
生年月日:1981年1月20日
血液型:A型
出身地:東京都豊島区
趣味:スポーツ観戦、飲酒、PC操作、
 食べ歩き、読書
特技:アニメキャラ声帯模写
 (特に金田朋子、犬山犬子、一龍斎貞友)
資格:漢検3級、ホームヘルパー2級
好きなもの:
 酒、(特にカクテル、チューハイ)
 モツ類
 (特に砂肝等の胃袋類、コブクロ、腸)
 豚足、軟骨、甘いもの(特にプリン等の
洋生菓子類)
嫌いなもの:らっきょう、ホヤの塩辛
 ザラメ煎餅
好きな異性のタイプ:
 誠実で、筋肉質・褐色の肌で髭が似合う
 運動が得意なワイルド系
嫌いな異性のタイプ:
 誠実じゃない人、優し過ぎて優柔不断な人
PNの由来:
 薄紫色が好きだったので、薄紫色同士の
 花である「藤」と「リラ(ライラック)」を
 掛けて。
本職:家事手伝い

  ようこそ、藤原りらの徒然なるブログへ!
毎日の更新は難しいかもしれませんが、
なるべく日々更新する様努力したいと
思います。 
 内容は時事ネタ、その日の出来事、
口にした料理、スポーツ関連、
懐かしの出来事を中心に書きたいと
思います。
 こんなつまらないブログでは
ございますが、
末永くお付き合いいただければ幸いです。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38073位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
254位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは。藤原です。

 またもや更新が遅れてしまって申し訳ございませんでしたm(_ _)m

 本日は新宿バルト9にて『人の砂漠』を見に行って来ました。
(実は昨日池袋シネマサンシャインにて『アバター』も見て来たが、やっぱり
スケール等は『アバター』に適わないと言う事が……)


 この作品は当時20代であった沢木耕太郎がルポタージュした1970年代当時に
実際に起きた奇妙な事件を題材にした、「屑の世界」「鏡の調書」「おばあ
さんが死んだ」「棄てられた女たちのユートピア」の4作のオムニバス形式から
なる映画です。

「屑の世界」
 黒木辰哉が仕切場の元締・山義秀(石橋蓮司)の孫・沢木登役にて出演。
キャッシュが欲しいが為に、明らかに万引きしてきたと思われるニ○テ○ン
○ー○S5機(「←ってこれ30年前にあるかよ!」と突っ込むのはやめて下さい)
を祖父に差し出す登。だが、秀は「ウチでは盗品は扱わねぇ」と拒否。
(ネタバレにつき、この先要ドラッグ)
 って、アンタものちのち停留所パクって金にしようとしますから!残念ーっ!!
 TV版『ホームレス中学生』しかり『セレブと貧乏太郎』しかり、黒木辰哉
って何故か貧しい出自の役が嵌っている様な気ガス。

「鏡の調書」
 夏木マリが威風堂々とした真紅の着物に身をまとった詐欺師・笠原きよらの
役にて出演。
 大型ショッピングセンターの出店により、今にも潰れそうな地方都市の
商店街の面々に「銀座にて自営業を営んでいる」と詐称し、再生案を持ちかけ
るも訝しがられるが、県知事とのコネを見せつけ商店街の面々を信頼させる事
に成功した笠原であったが……。

「おばあさんが死んだ」
 室井滋がやさぐれた歯科医・野口郁子役、重度の喘息持ちの為に常に母に
看病される一人息子・野口孝敏役に忍成修吾が出演。
 あまりにもの投げやりな診察態度の為に勤務していた歯科医院をクビになり、
自暴自棄となりどんどんメンヘラ状態となる郁子。
(ネタバレにつき、この先要ドラッグ)
 まだ歯科医の勤務についていた頃は清拭及び投薬を行うなど、まだまとも
であったが、クビになるやいなや部屋も次第に散乱し、看病もおろそかになり、
結局一人息子を死なせてしまう郁子。
 もう手遅れだって解っているのに無理やり薬を口に含ませ、遺体が腐乱しない
様、アルコールを遺体にドボドボ掛ける郁子……もはや異常領域に達しているの
は言わずもがな……
 無理やり薬を口に詰め込まれてアルコールでビショビショになるオッシー乙
……
 そして数十年の歳月が経ちミイラ化した孝敏の遺体……。あまりにもリアル
過ぎッス……。郁子が一人息子・孝敏の遺体に寄り添っていたシーンを見て良い
意味でも悪い意味でも愛情が感じられたのが唯一の救いかな。


「棄てられた女たちのユートピア」
個人的事情で見て来ませんでした。スミマセン。

 30年前の出来事にも係わらず、「現代にもあり得そうな事」を感じさせた
作品でした。

 以上、藤原りらの『人の砂漠』鑑賞レポートでした。
スポンサーサイト

テーマ : 見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 人の砂漠 屑の世界 鏡の調書 おばあさんが死んだ 沢木耕太郎 室井滋 忍成修吾 母の異常な愛情

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。