プロフィール

藤原りら

Author:藤原りら
生年月日:1981年1月20日
血液型:A型
出身地:東京都豊島区
趣味:スポーツ観戦、飲酒、PC操作、
 食べ歩き、読書
特技:アニメキャラ声帯模写
 (特に金田朋子、犬山犬子、一龍斎貞友)
資格:漢検3級、ホームヘルパー2級
好きなもの:
 酒、(特にカクテル、チューハイ)
 モツ類
 (特に砂肝等の胃袋類、コブクロ、腸)
 豚足、軟骨、甘いもの(特にプリン等の
洋生菓子類)
嫌いなもの:らっきょう、ホヤの塩辛
 ザラメ煎餅
好きな異性のタイプ:
 誠実で、筋肉質・褐色の肌で髭が似合う
 運動が得意なワイルド系
嫌いな異性のタイプ:
 誠実じゃない人、優し過ぎて優柔不断な人
PNの由来:
 薄紫色が好きだったので、薄紫色同士の
 花である「藤」と「リラ(ライラック)」を
 掛けて。
本職:家事手伝い

  ようこそ、藤原りらの徒然なるブログへ!
毎日の更新は難しいかもしれませんが、
なるべく日々更新する様努力したいと
思います。 
 内容は時事ネタ、その日の出来事、
口にした料理、スポーツ関連、
懐かしの出来事を中心に書きたいと
思います。
 こんなつまらないブログでは
ございますが、
末永くお付き合いいただければ幸いです。


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
派遣社員
270位
アクセスランキングを見る>>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは。今朝の鳩ポッポの電撃辞意表明の衝撃が未だに脳裏から
離れない藤原りらです。

 本日は座・高円寺2にて『世界征服の作り方』を観に行って来ました。

 定時より10分前に到着し、お手洗いを済ませ席へ。(ここだけの話、本当は
かなり後ろの席だったのにも係わらず、ふるるを間近に見たいが為に前から
3列目の下手側の席に勝手に座ってしまった私……)

 さてストーリーですが、今にも潰れ掛けつつあるウエディングドレスメーカー
「ローズ&ローズ」に突然一人の新入社員、大神健二(佐野瑞樹)が現れ、携帯
小説から映画化された『貧困戦隊カネナインジャー』の撮影に用いる悪の組織
「ヒルズ」の首領の衣裳作成のオファーを受ける。それも「翌日までにデザイン
画を完成させてくれ」との突貫工事的スケジュールと共に。

「ローズ&ローズ」の旗揚げ人となった薪真一(鷲尾昇)、デザイナーの鶴見光子
(末永遥)、営業の野川光信(福沢重文)はそれぞれ大神の提案で、『―カネ
ナインジャー』のファンである鶴見のアシスタントデザイナー・飯野幸子(いく
っち)が審査委員長となりデザイン画のプレゼンを行った。
 しかし、どれも満足の出来る物は採用されず、項垂れる3人。

(注意!この小ネタ、ネタバレにつき要反転ドラッグ)

 野川のデザイン画って……どう見てもば○き○ま○じゃねーか!!

 そんな3人に大神はイメージを膨らませる為に準備稿の台本を渡す。台本を
読んだ3人はそれぞれのアイデアを出し合い、3人の結晶となったデザイン画は
無事採用されるが、次はそれを翌日までに衣裳に起こして欲しいとオファーが
入る。

 大神の言葉から、鶴見がコスプレ衣裳を作っていた事とドレーピング(立体
裁断)の腕に優れていた事が判明。鶴見は飯野と共に徹夜でデザイン画を衣裳
に仕立て上げる。

(注意!この小ネタ、ネタバレにつき要反転ドラッグ)

 鶴見よ……あんなに飯野のデザイン画を「これじゃコスプレ衣裳よ」ってコキ
下ろしていたのに……人の事言えないね。


 その後、大神から「台本の推敲により、首領の第二形態も登場する事に
なり、そのスーツデザインをして欲しい」とのオファーが入る。だが薪は、
「うちは人間の着る衣裳しか出来ない」と断りを入れる。
 しかし、野川はとっさにデザイン画を描き、そのデザイン画が大神の目に
留まる。野川に触発されたのか、「ローズ&ローズ」に出入りしている宅配
ドライバー、菊池琢磨(古原靖久)もデザイン画を描く。菊池の尖ったデザイン
画を目にした大神は、そのインスピレーションがどこから湧いて来るのかを
尋ねた。その問いに菊池は、自身が特ヲタである事を口にし、大神は野川と
菊池に今回の件を一任する事にした。

 そして、共作したデザイン画は採用となるが、またもや無理難題が薪達に
襲い掛かる。またもそのデザイン画を翌日までにスーツに起こして欲しい
とのオファーが。しかし、今回ばかりは着ぐるみだけに、アビリティを持つ
者は皆無。しかし、大神は同じビル内の1Fにあるペットショップのリニュー
アルの為に出入りしている内装工・新条条太郎(橋本哲臣)に目を付け、スーツ
の造型を頼む。

 第二形態のスーツも無事完成し、制作サイドに受け取ってもらえたが、また
もや試練が薪達を襲う。
 今度は諸事情により首領役のキャストが降板し、大幅なストーリー変更を余儀
なくされ、「『悪の女帝』の衣裳を作って欲しい。それも翌日に撮影の為、朝一
で作って欲しい」とのオファーが入る。
「その『悪の女帝』はカネナイレッドのかつての婚約者であり、事故死したもの
の、ヒルズの手により『悪の女帝』として甦った」と言う。しかし、このストー
リーを耳にした薪は過去のトラウマにより、身を震わせながら「……出来ません。」
と力無く一旦は返答してしまう。

(注意!この先、ネタバレにつき要反転ドラッグ)

 薪がドレスを仕立てられなくなったのは、妹の為に仕立てて上げたウエディング
ドレスの採寸合わせの為に会社を訪れる予定が飲酒運転をした車に巻き込まれ
事故死してしまい、「俺が妹を呼び出さなければ……」と自身を責める様になり、
ドレスを作る事が出来なくなったのだ。そんな薪を目にした鶴見は苛立った表情
で薪に啖呵を吐く。

 ここでの鶴見の啖呵が無ければ、薪は立ち直る事が出来なかったでしょう。
さすがさくら光子姐さん(笑)

 一刻の猶予も無いと感じた面々は、妹の為に仕立てようとした未完成の
ウエディングドレスにそれぞれの英知を結集し無事に衣裳を完成させた。


 そして、「ローズ&ローズ」は無事に軌道に乗り始め、新条も大神のアドバイス
によりハリウッドにて造型スタッフとして成功した。
 しかし、大神の姿はもうここにはいなかった。「僕は少しだけ皆さんの背中を
押しただけ」と次に潰れつつある企業へ向かったのであった。

 鶴見光子役の末永遥ですが、芸暦17年にも係わらず今回が初めての舞台
でした。初日でしたが、胆の据わりつつも完成度の高い舞台だったと思います。

 シロネコヤマトのドライバー役のふるるでしたが、ちょっとお調子者のキャラ
だけどひそかに飯野に想いを寄せていると言う役どころでした。まぁ、2年前より
かは幾分に自然な演技が出来ていた気がします。

 以上、藤原りらの長過ぎた『世界征服の作り方』レビューブログでした。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 世界征服の作り方 座・高円寺2 佐野瑞樹 鷲尾昇 古原靖久 末永遥

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。